浮雲

  ぐだぐだ日常と、思い出したように現れる小話
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

--.--.-- <<スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. スポンサーサイト / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.09.11 <<まだ作業中…


まだ準備中なのですすみません…
土日のうちに終わらせる予定だったのにな…あれ?

あとトップに表示させる説明と小説ログとリンクと…かな。
早く終わらせて部誌の原稿あげないと…!
話できてるのになかなか書けません。

土日以降のパソコンタイム(23時~26時くらい)に何してたかっていうと、外付けHDD買ってきたり漫画読んだりしてました。

HDDは、音楽入れすぎてデフラグすらできない空き容量になってたので…
思ったより安くてびっくりです。もっと早くに導入すればよかった。

漫画は、当世白浪気質の2巻です。
続き出てるのすら知らなかったんですが…今回のがクリティカルヒットというかドストライクというか…とにかく、すごくよかったです。

トラと千越の関係がつくづくツボだなぁとにやにやしながら読んでたら…最後の5ページくらいでね、泣かされました、よ…笑

切なすぎる…

なんというか、テーマ設定がしっかりしてるからかな、内容のつまった漫画だと思います。
話も絵も丁寧だ…

雑誌の方では連載終わった…のかな?
どう決着するのかすごく気になる。

…と、そろそろ昼休みが終わる…
今週中には移転終わらせて、中身の充実をはかりたいと思います。
No.536 まだ作業中… / どうでもいい日常 / Comment*0 // PageTop▲

2008.09.08 <<作業中


トップ変えたり、日記のログ消したり、カテゴリ直したり色々してますが、いかんせんまだ途中です…
しばらく色々いじるので見づらいかと思いますが、もうしばらくお待ちくださいませ~

ログ整理にあたって、過去の日記とかちらっと見たんですが…なんだこの背筋がぞわっとする感じ…!
思った以上に気持ち悪くてびっくりしました。
「ぁ」(小さい「あ」)とか使ってた自分に蹴りを入れたい。
消してよかったほんとによかった。自分用ログはとったけどな!ある意味記念…笑

あと、自分用にネタ書いた記事もとってあるんですが…
自分用なので、あまり触れないで…ください…笑

続きは、業務連絡でもなんでもなく、スカイクロラの軽い感想と日記。ネタバレは多分大丈夫です。
←and more
No.535 作業中 / 更新情報/業務連絡 / Comment*0 // PageTop▲

2008.09.05 <<業務連絡


前からちらっと言ってた、サイトの今後の運営についての連絡です。

長らく放置状態が続いてたサイトですが、ブログだけにまとめまようと思います。
過去の文章は、自分用にログとして移して来るつもりですが、いいやーと思ったものに関しては消します。

あと、頂き物(企画参加作品含む)なんですが…ブログだと分類も難しいので、移して来ない予定です。

また改装終了したら改めて連絡しますが、手元にデータがない場合など、ログが必要な方は申し出て下さい。

大したおもてなしもできなくて申し訳ありませんでした…
そしてこんな辺境サイトに作品を寄せて下さって本当にありがとうございました!

更新のないサイトで心苦しかったんですが、お付き合い下さった方にはほんと感謝感謝です。

これからはブログの方でのんびり頑張っていくので、よろしくお願いします。

それでは、水面下にて作業を進めてきます。

また完了したら浮上します。
ではまた、できるだけ早いうちに…
No.532 業務連絡 / 更新情報/業務連絡 / Comment*0 // PageTop▲

2008.09.05 <<ポニョみてきましたよ+α


お久しぶりです
…という挨拶はそろそろ飽きたんですが…^^;

今日ゼミ行ってきて、やっと卒論書き始める段階まで行きました。
調べるのより書く方がよほど苦手だけど、一応予定通りなのでほっとした。
気持ちがちょっと楽になりました。

で、今までの鬱憤を晴らすかの如く、鬼のように買い物してきたという…笑
欲望のままに買いすぎたけど…すっきりした…

…というわけで、サイトの方もすっきりさせようと思います。(むりやり)
業務連絡はもう1つ上の記事にあげます。

とりあえずここではポニョ+αの感想でも…笑


←and more
No.531 ポニョみてきましたよ+α / どうでもいい日常 / Comment*0 // PageTop▲

2007.11.04 <<『零れ落ちたもの』


眩暈を覚えるような暑さの日中。
こめかみから流れ出た汗は、少し時間をかけてじわりと顎先を離れ始め、そして引き剥がされるように一息に地面へ――

――がくん

まるで自分が地面に叩きつけられたかのような衝撃を受けて、はっと我に返った。

---------------

部誌用に書いた幽体離脱っぽい話。6000字くらいです。


←and more
No.494 『零れ落ちたもの』 / 小説 / Comment*2 // PageTop▲

プロフィール

依都

Author:依都
来年から社会人。
マイペースに小説書いてます。
最近めっきりアニメづいている隠れおたく。

最新記事

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人専用

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。